便利なエステ情報

img_01
にきびの原因はいろいろとあります。
毛穴のつまりやアクネ菌、皮膚の分泌、ストレスや生活習慣です。


これらの原因により、にきびに困っている人がたくさんいます。

ただ、原因がわかっているとなれば、対策を講じることができます。

まず、毛穴のつまりですが、これは皮膚の表面の角質が関係しています。

通常は古くなった角質が体外に排出され、新しい角質ができます。しかし、このサイクルがうまく機能しないと古くなった角質が、毛穴をふさぎ皮脂がたまってしまいにきびになってしまいます。


これを防ぐためには、きちんとした洗顔が必要になります。要は毛穴のつまりを解消すればよいのです。
次にアクネ菌です。

アクネ菌は皮膚に存在する菌で、実は常に皮膚に存在している菌です。


このアクネ菌は、皮脂を栄養にし増殖しており、皮脂が多くなると、アクネ菌が増えすぎてにきびの原因になってしまいます。

あなたの探していた新橋のエステに関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

アクネ菌も皮脂が原因で増えてしまうので、この皮脂をうまく排除するために洗顔は必須になってきます。

ただ、洗顔によりアクネ菌をなくすのではなく、適切な範囲に抑えることが重要になります。
アクネ菌は皮膚に常に存在していますが、にきびを作って悪さをするだけでなく、皮膚を弱酸性に保ち他の菌の侵入や繁殖を抑えてくれています。

つまり必要なのは、正しい洗顔やアクネ菌対策で、ただ単に洗顔をするだけ、回数を増やすだけでにきびを解消できるわけではありません。次に皮脂の分泌です。
にきびの原因の多くをしめる皮脂ですが、これに適切に対処していくことでにきびを防ぐことができます。

肌は常に皮脂を分泌しており、この皮脂が多いところがにきびができやすいところになります。この皮脂が出やすいところ、出やすい時間帯をしっかり抑えることで、にきびを効率よく防ぐことができます。
まずはTゾーンと呼ばれる部位です。

おでこから鼻にかけてT字を示す場所がTゾーンで、皮脂の分泌が多くなっています。


また、Uゾーンという耳からあごを通って反対側の耳までの場所も皮脂の分泌が多くなっています。

このTゾーンとUゾーンを注意して洗顔することが重要になります。

そして、皮脂の分泌が多くなる時間帯にあわせて洗顔するのが効率的になります。

皮脂の分泌量は1日の中で変化していますが、洗顔のタイミングとしては、朝、夕方、入浴時がいいでしょう。

最後はストレスと生活習慣に関してです。

肌を正常に保つというのが一番のにきび対策になりますので、肌に悪影響を与える要因をつぶしていく必要があります。


その要因の多くが食事、睡眠、ストレスです。
規則正しい生活をしていくことで、肌の新陳代謝が向上し正常な肌を保つことができます。


正常な肌では、にきびを未然に防ぐことができます。このように様々な要因からにきびになってしまいますが、逆にしっかりと対策をうっておけば防げる部分にもなります。

肌を正常に保ち、清潔に保っていきましょう。